忍者ブログ
「る~◆PVL7」「る~@sub◆PVL7」でプレイ中!
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今回は、全キャラ共通で「バーストしたくなるタイミング」を考察。

1,ダストヒット時
バーストの読み合い初歩段階。なのでこれ以上言うことはないような気がします。

2,後がないラウンド、もしくはお互い体力がなくギリギリ削れるかも知れないラウンド
これらの状況はバースト使用率がめちゃくちゃ高い。切り返しの重要度が、かなり高い場面ですから…。

3,追加ダメージコンボ(+ダウンのコンボ)確定場面
ソルのヴォルカ1段目RCやぶっきらからの追撃ヒット時、カイのグリードや投げRC追撃ヒット時、チップのγヒット時、ポチョの画面端ポチョバス後追撃ヒット時、など。
大ダメージやダウンを恐れて出す人が多い。

4,反撃確定場面
ヴォルカガードされた後、グリードガードされた後、などの、手痛い反撃を覚悟すべき場面。特に、今挙げた技などの「飛び上がって着地する技」は、硬直中しゃがみ食らいになるものが多く、しゃがみ食らい限定コンボはかなりのダメージになるため、バーストしたくなる。 このあたりまではほとんどが脊髄バースト。

5,投げられた後の起き上がり
投げられた後は必ず金バーストがでるため、相手の起き攻めに対してローリスクで切り返しができる。
上級者ほどこのバーストが多い。

6,ダウン時
ダウンバーストというやつである。バーストへの対策がしっかりしている相手に、反撃しづらくするためのもの。
ここらへんになると経験と知識勝負になってくる。

7,画面端空中投げ後
キャラにもよるが、画面端空中投げ後はめくり起き攻めができるため、知識がある人ほど、2択を恐れて出すことが多い。
しかも投げられた後の起き上がりなので、必ず金バーストが出る。
よってローリスクハイリターンな場面のため、計算高い人ほど出したくなる。

8,相手の暴れや切り返しを読んでの金バースト
バーストの使い方としては、かなりレベルが高い方だと思われる。
自分が投げられてしまう!という場面で相手のHSに対して当てたり、起き攻めに対して切り返しヴォルカしてくるところに当てたり、画面端から抜け出したくて空中ダッシュした相手に当てたり、DAAに金バースト当てたり、相手の青バーストに金バースト当てたり。

9,バースト確定場面
キャラごとに違うので一概には言えない。
これを読んでバーストをガードできるとめちゃくちゃ嬉しい。
(コンボのシメにヴォルカ>叩き落しをするところはバーストが確定するが、それを読んでヴォルカRC>ガード、など…)



長くなりましたが、いつも俺が考えてるバーストのタイミングはこんな感じです。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新コメント
[02/07 る~]
[02/06 スヴァット]
[06/22 る~]
[06/21 紫陽花]
[06/21 紫陽花]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
る~
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]